さよなら大阪 こんにちは六甲アイランド 

学生でいられる時間も残りわずかということもあり、卒業旅行とかサークルの追い出しコンパとかで予定がいっぱいでした。あまりにも予定が詰まりすぎてて、一時は引っ越しの時間が確保できない?!という状況でした。

卒業旅行は研究室の人たちとイタリアへ行ってきましたが、人生初のヨーロッパで、時差ボケに苦しんだり、バッグを盗られたり(貴重品はセーフ!)、あと少しタイミングが悪ければ事故っていたかもしれない状況など、かなり波乱万丈な旅行でしたが、世界遺産をこの目で沢山見られたし、食事は美味しかったしで、すごくいい思い出になりました。

卒業式が終わってからは引っ越しに向けて作業開始。とはいえ、初めての引っ越しで要領がわからず、何をどうしたらいいか一人暮らしをしていた友達にアドバイスをもらうところからでした。購入するもの、持っていくもの、手続き関係など細かく教えてくれた友人に感謝!当日は友人が手伝ってくれて、無事に引っ越すことができました。

大学にいたときは早く実家を出たいとずっと思っていましたが、いざ離れるとなると途端に寂しくなるもので、出発するときについつい実家の写真を撮ってしまったりもしました。

社会人になってからは仕事に慣れるまで会社とマンションを行き来する日々で、寂しさどころではありませんでした。盆休みに入ってから緊張の糸が切れたのか熱を出してしまい一人で寝込んだ時は実家が恋しくて泣けました(笑)

あれから3年が経ち、六甲アイランドが快適すぎて離れられないな~って思っています。緑がいっぱいあって気持ちがいいし、会社近いし、特に不便は無いし。仕事自体は大変ですが、それはどの仕事でも同じことだと思います。この春に会社の先輩のすすめでロードバイクを購入してから行動範囲が広がり、会社の人と週末にロングライドに行くのが楽しいです。実家から通っていたらそんな余裕はなかったと思います。

神戸のどこに住もう??

神戸に就職が決まって、大学の卒業も間近になった1月。この頃の僕は毎日毎日4月からの新生活を妄想していました。

この前も書いたとおり、神戸市はかなり広いです。山あり、海あり、街もあり。どこに住もうかあれこれ妄想していましたが、1つだけ決めていたことがありました。住むなら職場からそこまで遠くないところ。これだけは絶対です。

僕は高校は自転車で通っていましたが、大学は電車で1時間以上かかるところにありました。通勤ラッシュに巻き込まれ、入学したばかりの頃は学校や授業より通学についていくのが必至でした。学校に着く頃にもうヘトヘトで最初の頃は授業どころじゃなかったです。今もラッシュは苦手なのと、会社に着いた時にヘトヘトという状態は嫌!ということで、職場からそこまで遠くなくて住みやすいところがいいな~と考えていました。

それと神戸をそんなに知らなかったので、まずは神戸を知って、それから住むところを考えようとあれこれネットで調べました。「海上都市の魅力発見」というサイトには、勤務先である神戸六甲アイランドが紹介されていて参考になりました。神戸から大阪にかけては、阪急が沿線に高級住宅街を沢山作った影響で、山側の方が一般的にイメージが良いです。なので、僕も最初は阪急沿線の物件ばかり見ていましたが、海上都市に住むのも選択肢のひとつとしてアリなんじゃないか?と思うようになってきました。これまで「海上都市」という言葉すら聞いたことがなかったのですが、人工島に住む=島暮らしだと気付いてから「よし!島に暮らそう!」と、六甲アイランドの物件を調べていました。友人や家族にも「春から島暮らしするわ」って言ってまわったものです(笑)